◉エジソン脳をつくる「脳活」読書術  西田文郎著 

725641dd4913bca77a5dc5582b18ef70_t.jpeg


西田文郎氏はビジネス、スポーツその他、多くの分野で科学的、実践的なメンタルマネージメントを行なっています。あらゆる分野で成功者を出し、『能力開発の魔術師』と言われているようです。

大脳生理学に詳しく、かなり説得力があります。


◉エジソン脳をつくる「脳活」読書術 


脳については最近の研究でわかってきた事も多く、多くの本が出版されており、「脳」は世界中の人々が注目している分野です。


脳を活用する為には読書は絶対に必要だと思います。


体重の約2%ほどの重さしかない、あなたの脳が、あなたの行動を、あなたの人生を、そして、あなたの運命さえも決めてしまっているのです。


やはり「脳」を最大限に活用する必要がありますね。


本書で示されている読書方がユニークです。


難しい本と、普通の本、そして、簡単な本、の3種類を選んで持っていきます。人間の脳が集中できる時間は、最大1時間半とされていますが、難しい専門書を1時間半も読み続けるのは、読書が習慣になっていない人にはなかなか難しいことかもしれません。(中略)左脳を使う難しい本を集中して読み、疲れてきたら、右脳中心の、簡単な本を読んで、左脳を休めるのです。そして、脳の疲れがとれてきたら、中間の普通の本を読んで、右脳と左脳のキャッチボールさせます。そこで、さらに脳をリフレッシュさせてから、また、難しい本を集中して読み始めます。あとは、これの繰り返しです。



なるほど〜と思いやってみました。確かにずっと同じ本を読むよりも集中力が増して頭に入るように思います。


続けてみようと思います。


この記事へのコメント

自由形式